「掛け時計を誰かにプレゼントする」というと抵抗を感じてしまうかもしれませんが、日本では古くから比較的多く行われてきた習慣になります。
一般的には、置時計を贈ることは多く行われていますが、掛け時計はお店のオープンを記念して、取引き先などから贈られたりします。
また、ビジネス以外でも、新築祝い・結婚祝い・出産祝い・退職祝いなどでも贈られたりするものになります。

このような贈り物として掛け時計を選択することは、「相手に喜んでもらえるかどうか?」という点で、とても難しいものになりますが、同時にセンスの良いものを選んで相手に喜んでもらうという楽しみがあるのも事実ですね。

 

プレゼントとして掛け時計をもらった人も、「ちょうどこのような時計が欲しかった!」「頂いたものが役に立った!」と言ってもらった方がいいですよね。

今までに、贈り物として掛け時計を選択したことがある方もない方も、もう一度、どのような点に注意して贈るべきか?について考えてみたいと思います。

 

比較的多く贈られる「新築祝い」「結婚祝い」「出産祝い」「退職・退官祝い」「開業祝い」の5つのケースについて考えてみたいと思います。

ポイントを抑えてセンスある贈り物ができるようになるといいですね。

free space