日本ではお祝いのときに現金や品物を送ったりすることが習慣としてありますが、”結婚祝い”に関してはいくつかの注意点があります。

まず、結婚祝いに贈る掛け時計などは、できるだけ早い時期に贈るようにしたいものです。
これは、慶び事のお祝いなどはできるだけ早く贈るようにした方がいい、と言われているからです。

一般的には、結婚式の1か月前位には、相手に届くようにした方がいいとされています。
結婚式を挙げるケースでは、式に近付くにつれて慌ただしくなってきますので、遅くとも2週間前くらいまでには届くように送りましょう。

 

また、他の人の贈りもので掛け時計が選択されるケースもあると思いますので、友人などと一緒に贈るというのも喜ばれると思います。
この場合には、皆でお金を出し合って“一生使えるような掛け時計”をプレゼントすることもできると思います。

個人個人では、なかなか購入することができないような高級掛け時計でも、何人かが集まってプレゼントすることはできると思います。

結婚式は一生に一度の大きな節目になりますので、思い切って良いものをプレゼントすると、相手にも喜んでもらえるでしょう。

 

これから幸せになる二人のために、掛け時計を選んでみてはいかがでしょうか。

free space