デザイン・機能・素材などの組み合わせで、非常に多くの掛け時計の中から自分の部屋を飾るための一つを選ぶためには、いくつかの選択方法があります。

部屋の大きさによって見やすいサイズのものを選択したり、最低限必要な機能は何か?について考えたりする作業が必要になります。

これまで検討してきた以外では、「誰が主に掛け時計を利用するのか?」によっても候補を絞ることができると思います。

たとえば、おじいちゃん・おばあちゃんの部屋に使用する掛け時計なら、部屋の大きさにかかわらず少し大きめの見やすいものを選択することもできます。
また、リビングなど家族全員が利用するようなケースでは、定時にハトが出てきたり、何らかの動作をするような掛け時計を選ぶことで、リラックスできる空間あるいは場が和むような空間を作ることも可能です。
一方、子ども部屋などにかざる時計なら、勉強に集中できるようにシンプルなものを選ぶのもいいですし、小さなお子様ならキャラクターデザインの描いてあるものでも良いでしょう。

 

どのようなものにすれば良いか分からない!というときには、“誰が使うのか?”を中心に考えてみると期待通りの掛け時計が見つかるかもしれませんね。

free space